親から相続したり、他の何らかの理由で空き地になっている遊休地の活用法に悩んでいる人は多いでしょう。
遊休土地資産の活用方法としてまず思いつくのはマンション、アパート経営です。
特に首都圏で200坪以上の空き地を遊休土地資産として遊ばせているのなら、マンション、アパート経営が最もリターンが高い投資になる可能性が高いでしょう。
ですが、都心部で200坪以上の土地を遊ばせている人はほとんどいないのが現状です。
100坪以下の土地の有効活用方法となると、マンション、アパート経営よりもコインパーキング経営の方が手堅くリターンを得る確率が高くなります。
100坪以下の土地にマンション、アパートを建築しても、建蔽率の問題もあり投資額に見合った部屋数を用意するのが難しく、マンション、アパートの新築費用と得られる家賃収入のバランスを考えると、リターンは厳しいでしょう。
家賃の集金や日常の管理業務を業者に委託すると、家賃収入の10パーセント前後を手数料として支払わなければなりません。
コインパーキングは設置に必要な初期費用が安く、アパートと違い借主の権利関係が発生しませんからリスクが非常に低く、リターンも期待できますから安心です。くわしくはここをクリック!