手塚治虫といえば、マンガの神様として普段漫画を読まない人でも知っている超有名漫画家です。
1946年のデビューから1989年に死去するまでに600作を超える作品を発表しており、少年少女向けから大人向けまで幅広い内容の作品を残しています。
多くの漫画家が彼の作品に触発されデビューを果たしており、有名なところでは藤子不二雄が手塚治虫の新宝島に衝撃を受け漫画家を志しています。
いくつもの連載を同時に抱え精力的に作品を作っていくことで有名で、絵の密度などいまとは時代が違うとはいえ、月産300ページを超える量を描いていたこともあります。
そのため締切はいつもギリギリで、各社の編集者がつきっきりで監視していたそうです。
鉄腕アトムやブラック・ジャックなどの魅力的なキャラクター造形も手塚治虫の特徴で、人気キャラだけでも「大乱闘!! 手塚オールスターズ」というゲームが作れるほどです。
マンガだけではなくアニメーションも大好きで、ディズニー映画が大好きだった手塚治虫はアニメでも精力的に作品を作っていきました。
あまりに利益度外視でクオリティを追求したせいもあって、アニメが原因でプロダクションが破産し借金生活していたこともあります。
医学博士の肩書きを持っていたため健康管理は得意だったようですが、それでもあまりの激務であったためか満60歳でこの世を去っています。このホームページにも情報があります