最近、ILC(国際リニアコライダー)が話題になっているそうです。
このようなILC(国際リニアコライダー)では、一体どのようなことがわかることのでしょうか?
ILCでは、「標準理論」を超えるということがわかるそうです。
現在、素粒子に関する物理学において、多くの人に受け入れられている理論に「標準理論」というものがあります。
この理論で予言されているにもかかわらず、ただ一見つかっていないものが「ヒッグス粒子」なのです。
このヒッグス粒子ではないかという新しい粒子を発見した、という重大なニュースが、2012年7月4日、欧州合同原子核研究機関(CERN:セルン)から入ってきました。
最後の粒子が見つかったのか?では、これで全ての素粒子のことはわかっちゃったのか?
しかしながら、そういうことではありません。
標準理論の基本骨格は、40年前に提唱されました。
それから、加速器を使用した実験において、粒子の力の強さや性質などを詳しく検証して、標準理論の骨組みへの補強が行われてきました。
しかしながら、この40年間もの長い間、検証が進んでいくうちに、「標準理論は完璧ではない」ということがわかりました。
標準理論は、大変現状の宇宙を表現していますが、理論的には矛盾を多く持っているのです。